ハイヤーを使っての役員送迎サービス

ハイヤーサービスの利用を企業が行う場合、企業の役員や幹部の送迎として利用する機会が多いです。企業の役員の多くは出勤を担当する運転手が付いていることがありますが、最近の傾向としてそれらを廃止する動きが見られます。企業は役員のためにお抱え運転手と呼ばれる専属の運転手を雇い、役員の出勤から退勤までのすべての移動について請け負ってきました。役員が仕事中は、車の整備や清掃を行うなど、まさに役員のためだけに存在していたのです。

しかし、時代が変われば、状況も変わります。景気のよい頃はお抱え運転手がいる企業も多かったのですが、景気が傾きはじめると減少傾向になります。お抱え運転手そのものを廃止する傾向が高まり、役員の送迎を外注する動きが出てくるようになったのです。

この外注先が、いわゆるハイヤーサービスを行っている会社です。このような業態の会社は東京近郊には意外と多くあり、年齢性別問わず多くの社員が在籍しています。企業のお抱え運転手だとイメージは中年以降の男性でしたが、ハイヤーサービスを行う会社は若い年齢層が多数在籍しています。あらゆるシーンに対応するためでもありますし、顧客から女性運転手希望など希望を受けることもあるからです。

企業のお抱え運転手を廃止しても、役員の送迎を廃止する動きはあまり見られません。そうなると、運転手そのものを外注することになり、ハイヤーサービスに依頼する企業が増えてきました。企業にとっても、運転手を外注することによりコスト削減が可能です。企業が運転手を直接雇う場合、研修なども自社で行わなければなりません。何かと経費がかかるものですが、運転手が途中で退職する可能性も否定できないため、あらゆるリスクを背負っていたのです。

しかし、運転手を外注すれば、必要なときだけ仕事を依頼することが可能になり、研修などを行う必要もありません。また、車両に関しても企業持ちではないため、維持費などの諸々の経費もかからなくなります。このように企業の経費削減の効果が高いだけではなく、必要な人材を必要なときだけ依頼するという形が取れることが、まさに時代の流れなのでしょう。ハイヤーサービスに所属している乗務員のなかには、英会話が堪能な人も多く、会社の役員送迎に留まらず、海外からの出張でお見えになる企業の幹部などの出迎えも任せることができます。ハイヤーサービスの乗務員のレベルは研修が定期的に行われているため、レベルが高く、企業側も安心して任せられます。