ハイヤーの乗務員について

ハイヤーの乗務員は近年、若い年齢層の人が増えてきている印象があります。かなり昔であれば、ハイヤーの乗務員というのは、中年の男性が行っていました。しかし、ハイヤーサービスの会社が増えるとともに、若い女性の乗務員が増えてきたように感じます。若い女性だと不安だという人もおられますが、若い女性だからこそ、できる気遣いや心遣いもあり、思わぬ発想が出てくることもあるのです。また、若い女性の場合、その多くが英語関連の大学の学部卒であることが多いですし、なかには留学経験のある乗務員も多数います。

大学で学んだ知識や、留学時に身に着けた英会話はハイヤーサービス仕事をしていく際に、しっかり実践されています。特に海外からのお客様をスムーズに案内し、日常会話ができることは、お客様にも喜ばれています。海外から日本に来られたお客様のなかには、日本が初めてという人もおられます。そのような人にとって、最初に接触するのがハイヤーの乗務員なので、おそらく緊張感もあることでしょう。乗務員と日常会話をすることで緊張感が少し和らぐため、英会話ができることはこのようなお客様を安心させることにもつながっています。

また、ハイヤーとして使われる車両はわりと大型の車両ばかりです。セダンのようなタイプもあれば、バンタイプのかなり大きな車両もあります。これらの車両をスムーズに運転するのは、運転が慣れている人でも意外と難しいものです。しかし、ハイヤーの乗務員にとって基本中の基本が運転技術の習得です。ハイヤーサービスの会社では、頻繁に運転についての研修が行われており、運転技術の向上から、より安全に運転できるような技術向上に努めています。実際にハイヤーに乗ってみると分かりますが、若い女性の乗務員であっても、ビックリするくらいに運転技術が高く、とにかく慣れています。日常会話を交えながらスムーズに運転されるので、後ろから見ていて気持ちがよく、安心できます。

ハイヤーの乗務員は、英会話も堪能であり、些細なことに気が付き、さらに運転技術が高いため安心して乗車できます。加えて、観光ガイドを行うこともあるので、さらに一歩踏み込んだ知識も必要です。高い能力があり、努力し続ける人のみが活躍できる仕事であることは間違いありません。私たち、利用する側からすると若い女性だと不安になってしまうことがありますが、乗務員の状況を知ると、そう思ってしまったことが失礼に感じてしまうでしょう。