ハイヤーサービスで日々の生活に彩りを

ハイヤーサービスで日々の生活に彩りを

ハイヤーサービスで日々の生活に彩りを ハイヤーサービスは私たちの生活のなかに少しずつ浸透しています。これまでは企業単位で使われることが多く、役員送迎や要人の送迎などで使われるという印象でした。高級ホテルの入口前に停車していたり、大企業の玄関に停まっていたりするハイヤーを見かけたことがある人も多いことでしょう。ハイヤーから降りてくる人を見ると、住む世界が違う人という印象を持ってしまいますが、実際はそのような人ばかりが利用するものではありません。

もちろん、要人と呼ばれるような人もハイヤーを利用しますが、最近の傾向としてより身近な存在になっていることが分かります。タクシーを頼みたいけど、車両が広々としているのを希望してハイヤーに落ち着くこともありますし、事前に予約して時間どおりに来てくれる方がいいなどさまざまです。基本的にタクシーではなく、ハイヤーを頼む人に共通しているのは、タクシーでは行えないサービスを求めているからです。

求めているものは、車両の大きさや高級感、予約をして自宅まで迎えに来て欲しいなどの理由があります。これらの理由は、タクシーでは叶えることができない場合が多く、ハイヤーサービスにはごく一般のサービスに組み込まれているものなので、ハイヤーを頼む選択をするのです。とはいえ、何かのきっかけがなければ、ハイヤーを利用することは考えなかったかもしれません。

ハイヤーは事前に予約するものですが、この予約時に費用面を含めてしっかりと話し合いが行われます。この話し合いの途中で、費用面については明確に提示されることでしょう。事前に費用面を把握できることで安心して乗車できますし、オプションサービスについては、付けたくないものははっきり言えば無理強いすることはありません。明朗会計であることは信頼度を高めることになります。

その点、タクシーは乗務員によって対応の違いを感じます。もちろん、素晴らしいサービスをしてくれる人もいますが、疑問が残るような対応をする乗務員がいることも事実でしょう。対応があまりよくない乗務員の車に乗車した場合、それだけで気分が悪くなります。しかるべき費用を支払って、気分が悪くなるサービスを提供されるのはたまったものはないでしょう。このようなあくまで傾向と呼ばれるようなものがあるため、あえて少し費用が上乗せされても、ハイヤーを頼む人がいるのです。

では、企業単位ではなく、一個人がハイヤーを頼むというとき、まずは予約をすることから始まります。電話やメールを使っての予約ですが、特に電話となると電話の向こうにいる人の応対で、第一印象は良くも悪くも印象に残ります。そのときの対応が良いと、確実に乗る前から期待できるでしょう。基本的にハイヤーは乗務員からサポートセンターまで、顧客の接客については数多くの研修を行っているプロ集団が対応します。電話での予約をしてから、サプライズサービスなどを行う場合は、入念な打ち合わせを行うこともあるでしょう。いずれにしても、利用する側とのやり取りの多いことが分かります。

結局のところ、ただ目的地までの送迎を頼むのであればタクシーで充分でしょう。1人もしくは2人というとき、よほどの理由がなければ大型車を依頼することもありませんし、乗った距離によって価格が決まるタクシーの方が手軽さもあります。どちらを選ぶのかは、今回の利用に適しているのかをよく考え、乗車する人のタイプや何のための乗車なのかなどを考慮して、ハイヤーなのかタクシーなのかを決めると満足できる利用ができるはずです。

費用に関しては、どちらかと言えば近距離の利用についてはタクシーの方が割安だと思われます。しかし、距離の長さや乗車中に求めているサービスなどを踏まえると、ハイヤーの方が安心できる上にそこまで費用も掛からないと判断する人もいます。

最新のお知らせ

  • [2021年04月01日]
    ホームページを更新しました。

  • [2021年04月01日]
    運営者情報を追加しました。